\
 

Happy Time reflections 記憶を紐解いて



I enjoyed being in the classroom. During my most energetic and active period (the first decade of 2000 at Palomar College), I won DFA (Distinguished Faculty Award) (http://www2.palomar.edu/pages/dfa/previous-recipients/)
for my commitment and dedication. I was also recognized by the Board of Directors of the San Marcos Chamber of Commerce as the Palomar College's Most Distinguished Faculty of the year in Marh 2007. Great memories.


Distinguished Faculty Award from Palomar College Faculty Award
Page 27 of Telescope (Official) / Screen Shot


I miss you guys: Mikiko Imamura, Carlos Gomez, Monique.
(small photo in the center) Thank you for being there with me.

Lighthouse インタビュー記事 12/2012 
Asian Heritage Award

JSSDT
に掲載された当時のお知らせ記事2007
個人的な活動 FUMIKO'S POETRY AND MUSIC

Old photo album
Students voices


自己紹介

新潟大学人文学部(英文学科)English Literature, Department of Humanities, Niigata University新卒後、一旦教諭として赴任。新潟県立高田高校2年→県立北城高校勤務5.5年など7.5年間は高田に住み、その間二人の子育て。 夫大阪の大学に転出で引越のため退職。直後近畿大学付属高校勤務(二年)。再度鳥取へ転出(二年)、その間私はノーウィッチ大学(Goddard Graduate Program at Vermont College later merged into Norwich University)から修士号を取得。その後 再度の夫の転勤にて東京に家族は異動。1984年から五年間、東京学芸大学、(埼玉大学、洗足大学など)で教えた。1989年渡米、SDSU(サンディエゴ州立大学) にてVolunteer Professor(Official)のビザをいただき詩人として滞在できるご配慮をしていただいた。そのころ活発に詩の創作活動に打ち込んでいた。
Southwestern College, La Jolla Country Day School, San Diego Mesa College, Palomar College, California State University San Marcos などで日本語を教えた。東京都立高校にいた息子が1993年頃渡米、こちらの高校に通学、大学進学。当時はサンディエゴ州立大学名誉教授のDr. Dan McLeord先生、故SteveKowit先生(故人/詩人)には大変お世話になり深く深く感謝。2008年に老後の楽しみとしてTachibana Language Center を六月に立ち上げるも、その二週間後にJapan-US Center のMrs. Hisako Coox, Mrs. late Dr. Alvin Coox)より突如としてSan Diego地区日本語スピーチコンテストの代表 の引継ぎを依頼され今日に至る。立ち上げた同Centerは結果として本コンテスト企画運営実行主催のためのボランティア活動母体となり今日に至る。Japan-US Center は2013年には完全に幕を閉じコンテストアカウントの管理はNorth Park Lion's Club/ Charity Accountに移管されたあと同じく同基金は2017にて終了した。引き続き見守っていただいているが、代表のわたくしはもうしばらくご奉仕させていただくことに。どなたか引き継ぎたい団体はありますか?支援に回り橘はこのボランティア活動の維持継続を使命とし一教師としての立場で当時から変わらず微力ながら心をこめ奉仕させていただいてきました。

小さな日本語プログラムの中で孤軍奮闘していた当時。授業が楽しければ人が集まると信じ社会奉仕の精神で教えた。これはサンディエゴ中で最も安い給料であった事情もあったが楽しかった。2000年から毎年十年間、個人的に学生引率をし日本文化の紹介をする。2005年にパロマー大学学内賞(DFA)を2006年に受賞。これは在職中に一度しか与えられない名誉ある賞で後にも先にも(2017年現在)日本人としては初めての受賞でした。 (*ここでいう日本人というのは日系アメリカではなくいわゆる日本人であり若くして渡米する恵まれた方々とは違い渡米したときには既に私はすでに中年でした。またこちらで子育てをしていないので英語の運用能力はハンディー。)

"I'd like to express my heart-felt appreciation here of the following inspiring teachers whose kind heart still remains when I look back upon my life as a language teacher in the US. Takako Izumi sensei, Mikiko Imamura sensei, Prof. Steve Kowit, Manuel Cortes, Dr. Carlos Von Son, and so on' All these friends who said good bye to this world a little earlier are greatly missed. Big thank you goes to Dr. Dan McLeord, Professor Emeritus at SDSU, the most important person who gave me an initial support from SDSU. He is still very well and active in La Jolla. With all my love and appreciation,

-Fumiko

オーケストラ参加記録2018年の参加はブログを

June 2018
-



February 2017
https://www.youtube.com/watch?v=j70YHhlXVrI







1 Fumiko's Publications
2 Stone Bridge Press, Berkeley in 1995.

3 Reviews other side river



Poem & Music 詩と音楽
(http://www.mykittyland.com/fumiko.tachibana_youtube.htm)

Lead me to Henrinji, Mandala, etc.
http://www.mykittyland.com/fumiko.tachibana_youtube.htm


My short poem "Lead Me to Henrinji Temple" was put into opera by Mr. Burton V. Foreman.
This music was to be used for a new movie by Tokuma-shobo but it did not happen
as it was supposed to. This song was one of the three songs performed and recorded
by the Radio and Symphony Orchestra of Krakow, Poland in mid 1990's.

バートンV.フォーマン先生は昔東京東洋英和大.短大教授をなさっていましたのでご存知の方
もおられることと思いますがそのころの文芸サークルのメンバーでした。(私は当時東京学芸大学
で講師をしており職員室でのお仲間でした。フォーマン先生はまた本格的な優れた作曲家であり、
音楽も教えておられ、東京や海外でのリサイタル、オーケストラの作曲家として発表もされて
いました。以下でご紹介するLead Me to Heirinji Temple は、私が書いた詩を読まれてソプラノの
ための曲を作られましたが、徳間書房制作の 映画にも使用されるというお話がでましたあ と、
ポーランドでフルオーケストラによる演奏、録音がされました。以下の1がその音源となって
います。現在90を迎えられた先生はシアトルに引退後から今日の日まで毎日精力的に作曲され
ています。



美智子妃殿下〈現皇后陛下を囲んで)

写真の中のグループ写真の中心に美智子皇后さま(妃殿下でいらしたころ)がいらっしゃいます。
クリックすると拡大します 1989年のころ。)




  • このころ、古典学者の父橘健二(新編大鏡 栄花物語UCSD Library Dataは喜んでくれ、この時来ていた
    オーバーコートは父のギフト()。 記念になるので追加しました。ウェッブサイトが途中破壊したため拾い集めの工事中。すべては記録のためひろい集めています。
    Greetings for 2018

     
Copyright (C) 2000 - 2018 Fumiko
 婦美子

,, ....     (2000 - 2008